資料名称:二荒山神社本殿勾爛擬宝珠
(フタアラヤマジンジャホンデンコウランギボシ)

1585(天正13)年北条氏直(ほうじょううじなお)軍との攻防によって社殿が焼失したが、1605(慶長10)年、宇都宮城主奥平家昌(おくだいらいえまさ)(徳川家康の孫)のときに再建された。このとき、家康によって寄進されたのが、本殿勾爛擬宝珠である。4箇の勾爛擬宝珠はほぼ同形の唐金製(からかねせい)で、「慶長十季乙己七月吉日征夷大将軍源家康御建立」と刻まれている。昭和36・9・18市指定 保管場所…二荒山神社 住所…栃木県宇都宮市馬場通り1-1-1

作者名 不詳
時代・年代 1605(慶長10)年 江戸時代
形式・資料形態 有形文化財
点数 4個
法量
材質・素材・技法 唐金製