資料名称:木造虚空蔵菩薩立像
(モクゾウコクウゾウボサツリュウゾウ)

虚空蔵とは、その広大無辺の功徳(くどく)が虚空(大空)のように大きいという意味である。この像は、頭上には八角形の宝冠(ほうかん)をつけ、右手に智慧(ちえ)の剣、左手には蓮華(れんげ)の上に福徳(ふくとく)の如意宝珠(にょいほうじゅ)を持っている。像高は130cm、肩幅は23cmあり、制作年代は室町時代と思われる。60年に一度開帳される秘仏である。昭62・3・31市指定 保管場所…東海寺 住所…栃木県宇都宮市篠井町827

作者名 不詳
時代・年代 室町時代
形式・資料形態 有形文化財(彫刻)
点数 1躯
法量
材質・素材・技法