宇都宮の歴史と文化財

宇都宮の人物伝

宇都宮の人物伝

蒲生 君平 「寛政の三奇人」の一人といわれた学者・思想家。
前方後円墳の名付け親でもある。
宇都宮 頼綱
(蓮生)
下野の国宇都宮の五代城主。後に出家したあと、頼綱(蓮生)が
藤原定家に色紙和歌をお願いしたことから、百人一首が始まった。
川上 澄生 大正から昭和にかけて活躍した創作版画家。
「木版画の詩人」は宇都宮中学校(現・宇都宮高校)の英語教師でもあった。
野口 雨情 宇都宮ゆかりの詩人、童謡・民謡作詞家です。
明石 志賀之助 下野の国宇都宮の出身で江戸時代前期に存在したとされる力士
初代横綱として認定されている