〜  時代を刻む道 日光街道 〜

 石那田八坂神社天王祭付祭屋台  
     いしなだやさかじんじゃてんのうさいつけまつり やたい

天王祭は、病気除けとして行われる牛頭天王(ごずてんのう)の祭である。石那田八坂神社では、数年に一度、7月17日から24日まで行われる。

 

付祭は24日の夜に行われ、猿田彦(天狗)を先頭に、神輿(みこし)・6地区(桑原・六本木・原坪・岡坪・仲根・坊村)の屋台が御仮屋(おかりや)から神社へと繰り出す。屋台は、江戸時代の終わりから明治時代にかけて作られた彫刻屋台である。

 

彫刻は富田(現・大平町)に住んでいた磯邊敬信(いそべけいしん)や後藤正秀(ごとうまさひで)、神山政五郎(かみやままさごろう)らの手によるものである。

 

■昭和49年3月1日 市指定

岡坪(おかつぼ)屋台

桑原(かばら)屋台

原坪(はらつぼ)屋台

坊村(ぼうむら)屋台

六本木(ろっぽんぎ)屋台

仲根(なかね)屋台

 

地図